県内のICT環境整備について

10月10日の群馬建設新聞に県内のICT整備状況が載っておりました。

<積極的に整備を 学校へのICT> ~群馬県教育委員会~

群馬県教育委員会は、県立高校などでのICT環境整備について全県的な整備が喫緊の課題であるとして、積極的に努めていく考えを示しました。

これまで各学校の実態に応じて段階的に進めていたが、全県的に整備が喫緊の課題であるとしました。

ICT環境整備としては教室への大型モニターや無線LANなどの設置を推進中。

2017年度の文部科学省の調査では、県内学校の普通教室における無線LAN整備率は34.6%と全国平均よりわずかに上回っている状況。

 

 

 

また全国の無線LAN整備率が下記になります。

 

わが群馬県は、34.6%と平均の34.4%よりも微妙に超えてはいますが、トップの静岡県68.8%と比べますとその数値は約半分。

県教育委員会では、ICT環境整備が喫緊の課題だと提言していますので、今後の群馬県の同行に注目ですね。

 

群馬建設新聞様、文部科学省より引用させていただきました。