アプリ開発の頂点目指す「アプリ甲子園2018」、14日に決勝大会

D2Cは1日、全国の中高生を対象にしたスマートフォンアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2018」開発部門の決勝進出者10組を選出、14日に決勝大会を行うと発表しました。

このコンテストは、全国の中高生が開発した、iPhoneやAndroid端末に対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向けアプリも含む)を広く募集し、その企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出し表彰する大会で、今年で8回目の開催です。

7月1日~8月31日まで作品の応募を受付け、9月14日に1次選考通過者を発表。その後、9月30日の2次プレゼンテーション審査会を経て、決勝大会に進出する10組を決定しました。

14日の決勝大会では、その10組が一堂に会して公開プレゼンテーションを行います。また、今年から新設された「アイディア部門」で最優秀アイディア賞とオーディエンス賞に輝いた2組も作品発表(プレゼンテーション)します。

「決勝大会」開催概要

開催日時:10月14日(日)13:00~18:00(受付開始12:30)
開催会場:D2Cホール [東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル]

一般観覧申込は下記公式Webサイトから申し込み可能です。

https://www.applikoshien.jp/

 

ICT教育ニュース様 アプリ甲子園より引用させていただきました。