そもそもICTとは?

 

しばらく更新が滞ってしまってすみません。

ここからはICTという言葉は何?からさかのぼって考えたいと思います。

まず、ITという言葉は聞き馴染みのある言葉だと思います。

「Information Technology」の略で、コンピューターに関連する技術の総称です。

そして、ICTとは「Information and Communicaion Technology」の略で、

「情報通信技術」を指します。

パソコンやタブレット端末、インターネット通信などによる情報通信技術を活用した教育手法を、

「ICT教育」と呼びます。

学校においては、従来の黒板や教科書、参考ビデオを使った指導に加え、

インターネットで公開される動画をプロジェクターに投影して視聴させたり、

遠隔地の学校とネットワークを繋ぎ、児童・生徒との交流を図ったりすることです。

都内のとある区では全区立学校でICTを活用した授業を実践したことで、

様々な成果と効果が報告されています。

ICTを教育に取り入れることで何が変わるのかを今後ご紹介していきます。

ICTのもつ特長を授業に有効活用して、子どもたちの学びの可能性を拡げていきます。