小中学校で離島以外にも遠隔授業が導入されます。

文部科学省は、2018年度からインターネットを使って複数のクラスが一つの授業を同時中継で受ける「遠隔教育」について、小中学校で実証実験を行います。

事業費として、18年度当初予算案に5200万円を計上しました。

離島などを除くと、小中学校への遠隔教育の導入は初めてとなるそうです。

今までは、モニター越しの遠隔教育は、離島などの一部の学校に限っていましたが、これからは全国的に遠隔授業が増えていく傾向になるようですね。