杉並区教育ICTフォーラムが開催されます (平成30年1月27日 )

現在の社会は、スマートフォンやタブレットパソコンなどのICT機器の発展・普及に伴って、わたしたちの暮らしや仕事が大きく変わってきました。

同様に、学校における授業のあり方も進化してきているようです。

早くから教育ICTに着目している東京都杉並区では、ICT機器を積極的に導入して小中学校の授業に活用しています。

<杉並区におけるICTの導入状況>

杉並区の全小中学校の普通教室に電子黒板機能付きプロジェクターが設置され、デジタル教材等を活用した授業が進められています。

一部の学校では、タブレットパソコンをあわせて配備し、電子黒板機能付きプロジェクターと連携した授業を行っています。

タブレットパソコンは、今後も計画的に全校への配備を進めていきます。

 

平成30年1月27日(土曜日)「杉並教育ICTフォーラム」が開催されます。

ICTを活用した授業の実際と、その効果、今後の課題と取り組みの方向性などについて、保護者や学校関係者、地域の皆様と共に考える内容のようですね。

将来的に、ICT教育機器の導入をお考えのある市町村教育委員会の方々や、学校関係者の方は、行かれてみてはいかがでしょうか?

 

杉並教育ICTフォーラム